SAT 真の患者利益のため予防歯科を中心にした歯科医療へ

歯科界の常識を超えるためのパブリック・コメント

活動報告



NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」~ぶれない志、革命の歯科医療が放映されました 「カンブリア宮殿」に熊谷崇が出演しました日吉歯科診療所 あしたのコミュニケーションラボ

歯科関係者感想

戻る


つきやま歯科医院

歯科衛生士 下野 扇季

 まず家族の感想です。
 日吉歯科の取り組みは当たり前だと思っていること。私はこの点に一番驚きました。歯科関係者以外は、患者の歯を守るのは医療従事者として当たり前であって各歯科医師の考え方は同じで腕が違うだけだと思っているようでした。だから、患者さんはあんなにMTMを嫌がる人もいるのかな、という結果にたどり着きました。もっともっと患者さんに自分たちの考えややっていることをアピールしていった方がいいだろうな、と思いました。
  
 私自身の感想としては、患者さんに理解してもらいたいことをしっかりと放送してくれたことで、日々行っていることを更に自信を持てるようになりました。また、MTMを取り入れて患者教育をしていくことがどれだけ大変か、視聴者の方に伝わり日本人の意識が変わっていけばいいと感じました。
 同じ歯科衛生士仲間でも虫歯予防はブラッシングからと思っている人はまだまだいます。歯周病は薬で治すと思っている友達もいます。すべての歯科関係者から勉強しなおさねばいけない時期にきているのだと痛切に感じました。

 番組を見てくれた患者さんの話をきくと、もともと意識の高い患者さん程見てくれているなと感じました。そして、私たちが何をしているのか、何をしたいのかより深く理解してくれたと思います。その理解が更にセルフケアの向上につながっていると思います。私がつきやまに就職した10年前は予防で経営はやっていけるの?という他院からの疑問が多かったように思いますが、今はどの医院でも定期健診やメインテナンスというものは行っているようです。
 次は、日本人全員が口腔内の健康に興味をもってもらえるように、自分の健康に責任をもてる時代にしていけたらと思いました。