SAT 真の患者利益のため予防歯科を中心にした歯科医療へ

歯科界の常識を超えるためのパブリック・コメント

セミナー


「オーラルフィジシャン診療室の評価」のためのアンケート


皆様におかれましては、SATホームページに掲載しておりますパブリックコメントをお読み頂いていることかと存じます。こういったコメントをお読みいただいてもお分かり頂けるかと思いますが、今現在歯科界は変革の時期を迎えてきています。オーラルフィジシャン診療所として活動されている皆さまにおかれましては、日本の歯科医療を変え国民の口腔の健康を守ることの重要性をご理解されていらっしゃると思います。


その一方で、それぞれの診療所が患者の口腔内の健康を本当に守ることができているか、私たちは診療室の「質」を再度検証する必要性を感じる側面もございます。


そのため今回、アンケートという形で各診療所がどの程度の質で診療を行っているかアンケートを実施させていただければと考えております。


アンケートを行う理由の1つ目としては、プロフェッショナルやカンブリア宮殿放送後、全国の患者からの問い合わせに十分な対応ができていないということが挙げられます。全国から日吉歯科診療所と同様の哲学を持っている診療所を紹介して欲しいという問い合わせは多く、全ての問い合わせにお返事させていただきました。その紹介への反響もまた様々ございしまして、とても満足されて喜ばれているという内容も多く、全国の先生方の患者利益を追求した姿勢を酒田の地からも感じ取ることができました。しかしながら、紹介先でのトラブルや不満の声も少なくはないことも伺うことができました。そのため、受け入れ側である歯科医院において様々な課題を抱えていることが分かり、それではどういった所に課題があるのか、それを検証して改善することができればと考えております。


理由の2つ目としては、メインテナンスが保険の給付対象外であることが、2015年1月に国より明快に示されたことが挙げられます。メインテナンスが自由診療になったことにより、福利厚生として歯科メインテナンスを受ける環境を整えて頂ける企業が増えてきており、今後も協力企業を増やしていきたいと考えています。しかし、残念なことに、受け皿となる「メインテナンスを自由診療で行っている歯科医院」があまりに少ない状況となっています。また、社員が行った先の歯科医院でメインテナンスを受けることで、口腔の健康を守ることができると示すことできれば、これからもメインテナンス費用助成を取り入れる企業は増加し、多くの国民の健康を守ることができます。


それらのことを考慮し、日本の患者や企業の社員にオーラルフィジシャン診療所のあるべき姿を公開することで、国民にとって大きな利益につながると考えております。そして、私たちは日本の歯科界におけるリーディングクリニックとして、より質の高い歯科診療所へと成長発展して参りたいと思います。本アンケートを通じて、そういった歯科診療所を一般患者や企業の社員に紹介する予定でおりますので、本アンケートへのご協力のほど宜しくお願いいたします。


■本アンケートの主たる目的

本アンケートの利用目的をお伝えする前に、本プロジェクトの工程をご説明します。本本プロジェクトは、オーラルフィジシャン医院の成長レベルに応じて各ステップレベルで医院運営と患者利益に還元できる内容になっています。
最終目的のSTEP3を達成する医院が増えることによって、オーラルフィジシャン医院が歯科医療のワールドスタンダードの旗印となる可能性を有しています。また医科歯科が格差のない情報環境下での臨床が可能になり、診療室のレベルアップはもとより、歯科医療の新たなステージの構築が期待されます。現在、本プロジェクトは下記のSTEP2.まで達成及び見通しが立っていますが、最終目的のSTEP3は多大な開発予算を必要とするために、各医院の意向を把握・精査した上で、開発を進める予定です。


〜工程〜

STEP1 歯の健康ファイルの電子版作製
【院内での患者への汎用な情報サービスを目的】

STEP2 患者情報のクラウド環境化の提供
【厚労省推奨環境下での患者への汎用な情報サービスを目的】

STEP3 汎用な患者データマネジメントシステム(クラウド)
【歯科・医科向けの統計データサービスを目的】


〜利用目的〜
1.国民・メインテナンス助成金給付企業へのオーラルフィジシャン標榜医院のインターネット上での紹介とその質(自院申告)の開示。
2.オーラルフィジシャン・リーディングクリニックのインターネット上でのビルボード化
3.クラウド環境下での患者データメネジメントを希望する医院の調査と予算付け(非公開)
上記の利用目的で本アンケートを実施しています。オーラルフィジシャン医院のご協力をお願いいたします。


■回答期限

2016/07/22


■資料

OP診療所におけるメインテナンスまでの道のり

※ご回答前にごらんください。


■数字による回答について

0〜5の数字は、下記のような意味があります。

 5:90%以上(の患者に行っている、理解している、実行している、など)

 4:80%程度

 3:60%程度

 2:40%程度

 1:20%程度

 0:行っていない、理解していない、実行していない、など


■アンケートフォーム

>フォームを開く


■お問い合わせ

SAT事務局あてにメール(info@sat-iso.net)でご連絡ください。