SAT 真の患者利益のため予防歯科を中心にした歯科医療へ

歯科界の常識を超えるためのパブリック・コメント

活動報告



NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」~ぶれない志、革命の歯科医療が放映されました 「カンブリア宮殿」に熊谷崇が出演しました日吉歯科診療所 あしたのコミュニケーションラボ

歯科関係者感想

戻る


アップルデンタルセンター

歯科医師 鶴見 和久

カンブリア宮殿拝見しました。本来あるべき歯科医療の姿にフォーカスをあて、より具体的な課題を隈無く取り上げており、プロフェッショナルとはまたひと味違う切り口で大変素晴らしい番組でありました。特にスタジオ収録において、司会である村上さんと小池さんが患者の声を代表して素朴な疑問を問いかけ、その質問に熊谷先生が回答するシーンが要所にあり、より視聴者に理解し易い番組構成であったと思います。自分の口の中を知る上で重要なサリバテストの意義、メインテナンスの紹介と長期間通うことによる恩恵、上流で虫歯を食い止めるU-20の必然性、OP医院としての歯科医療者側の苦悩なんかは特に患者さんにもとても分かり易く伝わったようで、テレビ放映後多くの患者さんからよい感想を頂戴しました。
本番組において、学校の先生が生徒さんに歯の授業をしているシーンに私自身大変驚かされました。なんといっても、先生がきちんと生徒さん達に歯科の知識を伝えられていること。人に教えるためには、まず教える側がしっかりと理解していなければなりません。酒田市民の口腔の健康が世界一なのは単に日吉歯科のスタッフと患者さんとの間の情報共有のみで維持されているのではなく、日吉発信の情報を受けた方が、生徒であったり家族であったり周囲に伝えることができている、まさに、日吉歯科が教育者を育てている教育医療機関であるからこそだなと実感しました。それと同時に、今の自院のレベルではまだ足元にも及ばないなと気の引き締まるおもいでした。
“歯科医療の本質とは生涯自分の歯で食事ができることであり、歯をできるだけなくさないことが体の健康にも寄与する。これだけ重要な仕事をなぜ詰める被せるに集中させてしまうのか”という熊谷先生のお言葉は、患者さんに対して歯科医療の本当の価値は違うところにあることをはっきりと目を覚まさせる同時に、日本の歯科界に対する警鐘を鳴らしており、実際に多くの歯科医師が冷や汗をかいたことでしょう。大変感慨深いメッセージでありました。
プロフェッショナルのときもそうでしたが、映像を繰り返し視ることでまた新たな発見が得られることを期待して何回も見返したいと思います。