SAT 真の患者利益のため予防歯科を中心にした歯科医療へ

歯科界の常識を超えるためのパブリック・コメント

SATについて


2017年 新年のごあいさつ

日吉歯科診療所 熊谷 崇

新年あけましておめでとうございます。


皆様方におかれましては新たな決意を胸に秘めて新しい年を迎えられたことと思います。
また、旧年中はOral Physicianとしての様々な活動をサポート頂き誠にありがとうございました。
私が酒田に日吉歯科診療所を開業して37年が経ちました。一昨年には酒田市市民功労賞を頂き、私の活動を評価して頂いたことは大変嬉しく存じます。昨年はその評価に甘んじることなく、歯科医療にイノベーションを起こすべく、今まで以上に変革を意識しながら様々な活動をして参りました。



◆メディアからの発信

2014年に放送されたNHKプロフェッショナル・仕事の流儀の反響から、メディアの影響力を実感しています。


そんな折、2016年1月28日にはテレビ東京系列にてカンブリア宮殿が放送され、プロフェッショナルに続き、日吉歯科診療所がテレビに大きく取り上げられました。


昨年12月8日には書籍『歯を守れ!予防歯科に命を懸けた男』が牧野出版より発売され、日吉歯科診療所の37年の歴史を詳細にまとめて頂きました。各診療所から集まった感想文は下記からご覧ください。

http://sat-iso.net/book/kumagai.html


また、地元紙荘内日報では3日間にわたり「予防歯科最前線」と題して一面に、富士通株式会社が運営するサイト「あしたのコミュニティーラボ」では株式会社平田牧場の新田嘉七社長、丸山至酒田市長と共に3回にわたり特集を組んで頂きました。3月19日(日)13時から東京歯科大学血脇記念ホールにて「あしたのコミュニティーラボ」主催の一般市民向け予防歯科イベントの開催が決まっております。私の他に、鶴見大学の花田信弘教授、川勝歯科医院歯科衛生士の李勝美さんが講演予定となっております。詳細は決まり次第、ご案内させていただきます。

http://sat-iso.net/message/index07.html

http://www.ashita-lab.jp/special/7424/



◆日吉歯科診療所汐留

上記メディアの影響もあり、全国から今まで以上に多くの反響を頂いています。 そういった中、「どうして日吉歯科が東京に出来ないのか」という反響を数多く頂きました。そういった皆様の声を聞き、日吉歯科診療所は2016年3月30日に東京・汐留にて歯科診療所を開設しました。


開院直後より多くの患者さんが来院され、開院直後に新患の受け入れをお断りせざるを得ない状況になってしまいました。日吉歯科での診療を望まれる多くの患者さんを診ること出来ないことへの申し訳ない気持ちに加えて、いかに、日吉歯科のような診療所を待ち望まれていたかということを痛感させられました。今後は汐留診療所において多くの方々のご希望に添えると同時に、周囲の医院とも連携をはかることで、歯科医療業界全体の発展を目指していく所存です。



◆パブリック・コメント

昨年は『歯科界の常識を超えるためのパブリック・コメント』と題しまして、 歯科医療を既存の枠組みではなくゼロベース思考で捉え直し、歯科界での先進的な取り組みへの契機とするべく、各界のキーパーソンからご意見をいただきました。

http://sat-iso.net/message/index.html



◆医と産業の連携

昨今は予防医療に対する意識も高まり、医療界の外では健康に対する改革が飛躍的に進んでおります。経済産業省を主軸とした取り組みにおいては、「健康経営」として、経営者が従業員とコミュニケーションを密に図り、従業員の健康に配慮した企業を戦略的に創造することによって、組織の健康と健全な経営を維持していくことを会社に求めています。


こういった流れを受け、会社が社員の健康のために福利厚生として「社員の歯科メインテナンス費用を補助する取り組み」が広がりを見せています。そして、私たちオーラルフィジシャンコースではそれをサポートするための仕組みを構築しています。


2016年12月現在、下記の企業が社員の健康推進プログラムの一環としてメインテナンス費用の補助を実施しております。


  • 株式会社平田牧場
  • 酒田酒造株式会社
  • サーモテクノ株式会社
  • ホテルリッチ&ガーデン酒田
  • 株式会社ナカニシ
  • シロナデンタルシステムズ株式会社
  • 株式会社オーラルケア
  • 富士通株式会社
  • パナソニック株式会社

その他2017年度からメインテナンス費用補助が決定・検討している企業も多数あります。今後もより一層、医と産業の連携が深まり、社会全体に口腔の健康の価値が波及することを期待しています。



◆クラウドサービス

私たちはこういった企業との連携や、メインテナンスの自費化を通じて歯科医療の価値の向上を図っています。そんな中、自費でのメインテナンスをサポートするための取り組みの一環として富士通と提携してクラウドサービスによる患者情報提供ツールの開発に着手して参りました。日吉歯科では昨年10月より実際に患者さんへの口腔内写真、レントゲン、リスクアセスメントの結果などの提供を開始しております。実際に自分の口腔内の情報を受け取った患者さんからは「いつでもどこでも自分の口の中を見られるのでより、口腔内が身近なものになった」「担当の衛生士からのアドバイスが見られるので嬉しい」など数多くのありがたい声を頂いています。


本サービスは本年よりオーラルフィジシャン診療所でも実際に使用開始になることとなっており、多くの診療所での導入が決定しております。



◆オーラルフィジシャンチームミーティング

今年のチームミーティングは2017年10月7日(土)、8日(日)に開催致します。酒田市民会館希望ホールを会場としてご用意致しました。今年も魅力的なプログラムをご用意致しましたので、多くの方にご参加頂きたいと思います。


これまでチームミーティング2015までは収益から経費を差し引いた金額を全て震災へ寄付してまいりましたが、チームミーティング2016では富士通のクラウド−ビスの開発費用として利用させていただきました。



これまでも日吉歯科診療所は、多くの企業・歯科医院にサポートして頂いてきました。今後もさらに患者さんの健康に寄与できる診療所作りに邁進していく所存です。
いずれにしましても、これらの取り組みは真の患者利益を提供するために行われています。真の患者利益を提供することのできる歯科医療は、診療システムの変化や小手先のテクニックで実現できるものではありません。歯科医療の本質は何かを常に考えながらその理念を具現化する医療者としての実力を備えたものだけが達成できる目標です。


新しい年の初めに、皆様にはこのような心構えを再度確認して頂き、日々の診療に取り組んで頂きたいと願っています。
今年も皆様のご活躍とご健康を心よりお祈りいたしております。